セリディアンのアウトソーシングは、システム導入のみや、通常の外注・請負とは違い、
お客様の課題やご状況に合わせ、適切なフローを組み、業務の効率化、利便性を高めています。


 

クラウド型アウトソーシングのメリット

アウトソーシングサービスとは
企業様の業務の一部を外部の専門会社へ委託するサービスです。近年、育成が難しくなってきている給与計算関連の専門知識や資格が必須となる業務をアウトソーシングすることで、生産性向上やコスト削減などといった効果を生み出すことが可能となります。

POINT1:業務棚卸・業務改善提案力

企業様へ最適な業務改善提案をするため、導入前に専任スタッフが現状の業務・運用方法、会社の規程類等を最短でも2週間~1か月かけてヒアリング・分析を実施し、課題を明確にすることをスタートとしています。セリディアンでは業務の棚卸にFit Gap分析を採用しており、Gapが発生している業務・機能にアウトソーシングの範囲を細かく詰めていくことで、業務改善につながるご提案をさせていただきます。またお客様のご要望によって、社内規定や委託希望業務に合わせた「Workcloud」のカスタマイズにも対応しております。

POINT2:業務効率化、コア業務の促進

アウトソーシングサービスの最大のメリットは、業務を効率化できることです。給与計算や年末調整など、多くの情報を扱う業務や時間が圧迫されやすい業務などを委託することでその業務に投入していた人員、設備、経費などのリソースを確保することができます。企業の限られた人材をコア業務に専念させることで、生産性アップや年間業務工数の平準化を実現します。

POINT3:法改正対応など専門業務への柔軟な対応

頻繁に発生する法改正対応など専門性の高いスキルが必要とされる業務は、アウトソーシングで完結します。パートナー社会保険労務士の監修を受けて、法改正の情報と(お客様ごとのご状況に合わせた)クラウドシステム「Workcloud」をタイムリーに連携し、と質の高いサービスをご提供しています。また、法改正における他社運用事例などをフィードバックさせて頂く事も可能です。お気軽にご相談ください。

POINT4:大幅な工数削減が可能

アウトソーシングサービスの導入により、コスト削減にも大きな効果を発揮することができます。時間と正確性が求められる給与業務類を外部に委託することで、社員教育や専門職員の雇用といった人件費を大幅に減らすことができ、システム運用・管理にかかる固定費などを最小限に抑えられるため、業績の改善に大きく寄与することができるようになります。

POINT5:保守・メンテナンス対応

「Workcloud」はすべての機能を自社開発・ワンシステム化しているため、保守・メンテナンス、バージョンアップ等を含むシステム維持管理を迅速に対応することができ、お客様のリソースや費用の負担を軽減することが可能です。またセリディアンでは保守・メンテナンス状況や操作環境のマニュアルをWEB上にて定期的に更新し、お客様に安心してご利用いただける環境づくりを実施しております。

 


 

クラウド型アウトソーシングの安全性について

お客様のデータを安全に取り扱うことを最優先課題と位置付け、
セキュリティー対策・プライバシー保護などの対策を徹底しています。

クラウドシステム

AWSクラウドシステム環境

Workcloudはアマゾンウェブサービス (AWS)を活用し、最新のクラウド環境でホスティングされています。また、日本国内の2つのアベイラビリティゾーン(以下AZ)によって高い可用性、拡張性、および耐障害性を備えたデータベースとアプリケーションの運用が実現されています。

AES-256によるデータ暗号化

格納されているお客様のデータはAES-256アルゴリズムによって暗号化されています。また、AZ間のトラフックも暗号化されていますので、Workcloudのデータ情報はHTTPS通信によって保護されています。

シングル サインオンサポート

WorkcloudはSAML-2に対応したシングルサインオンをサポートします。お客様の社内 Web ポータルとの間でシームレスなサインオンが可能になります。社内のユーザー名とパスワードを使って社内 Web ポータルにログインすることによりWorkcloudへのアクセス権が自動的に付与されるため、再度のログインや別のユーザー名とパスワードを入力する必要がありません。

データ・アプリケーションへのアクセス制限

Workcloudはユーザーの種類によってアクセスを制限することが可能です。お客様の従業員とアセンダーの従業員がそれぞれ役割に応じて利用およびアクセスできる機能やデータをコントロールできるように設計されています。


 

業務セキュリティー

物理的なセキュリティー完備

セリディアンでは秘匿性の高い情報の処理および取り扱いを行うことから、複数の物理的なセキュリティー対策を施しています。

  • 執務室(給与計算実務のための業務エリア)への立ち入りは特定の権限を有する者のみがカードキーによる出入りを行います。
  • サーバーエリアへの立ち入りは認証システムで管理し、出入口を監視カメラにてモニタリング
  • オフィスフロアの主要な出入口には、カメラによる24時間の監視体制

業務プロセスにおけるTSL

お客様との契約に基づいて提供するサービスにおいて、TSL(Trusted Sources List:指示・権限者リスト)を取り交わし定期的に更新を行っております。TSLとはお客様においてセリディアンへ業務に関する指示を行える者および特定のお客様のデータにアクセスする権限を有する者とセリディアン側においてお客様の情報へアクセスしたり契約した業務を実行する者を明記したものです。これにより権限の無い者による指示、作業、アクセス等を抑制します。

定期的な脆弱性の評価テスト

弊社ではシステム、アプリケーション、内部/外部ネットワークの脆弱性に関する内部または外部機関によるペネトレーションテストおよび定期的な脆弱性評価テストを行っています。

情報セキュリティー方針

弊社では日本国内外でサービス提供を展開する企業として、グローバルコンプライアンスおよびIT部門の統率のもと、日本を含むセリディアン全拠点に情報セキュリティー方針を定め展開しています。

ISAE3402 Type II

セリディアンでは、国際監査・保証基準審議会による国際保証業務基準であるISAE3402 Type IIを取得しています。本認証は内部統制の整備、及び運用状況を保証するものです。


 

プライバシー・個人情報保護

Pマーク

大切なお客様の従業員の情報を扱うことからセリディアンでは2012年にプライバシーマークを取得し、その後継続して更新しています。

マイナンバー(特定個人情報)

個人情報保護委員会より発行されている特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドラインをもとに運用を行っています。

Get started today